AWS

【未経験】AWSの資格取得に向けた勉強方法【失敗を回避する】

2020/04/04

失敗イメージ

AWS初心者
AWSをこれから勉強して資格も取得したい。どういう手順で勉強したらいいんだろう?資格保有者に聞いてみたいな。

 
こういった疑問に答えます。
 

 執筆者

たけ
この記事を書いている私は、AWSのサービスに一度も触れた事がありませんでしたが、独学で「AWSクラウドプラクティショナー」の資格を取得しています。

 
当時は何も分からず、勉強しましたが「大半が無駄だった」と後悔しています。
 

 本記事の内容

AWS未経験者が、資格を取るまでの勉強法です。
 

・ AWSの資格取得に向けた勉強方法

・ AWSの資格取得でよくある質問

AWSの資格取得に向けた勉強方法

 
ネットワーク

 
結論からいうと下記2つだけやればOKです。
 

・「Udemy」の問題集を解く

・「AWS サービス別資料」で各サービス概要を理解する


 
理由はシンプルですが、1つずつ解説します。
 

「Udemy」の問題集

 
Udemyの問題集は構成や内容が、本番試験とほぼ同様なので、問題集で8割くらいの正答率が取れていれば問題ナシです。
 

なぜなら、Udemyの講師の方はAWSの最上位資格を保有していて、めちゃくちゃAWSに詳しく、実際に試験を受けた上で問題集を構成しています。(※コピーは出来ない為、実問題に似せた問題となっています。)
 

実際の評価をみてもらうと分かりますが「4.1点」とかなり高評価ですね。

udemy-aws試験問題

 

Udemyより引用

 

なので、繰り返しになりますが、Udemyの問題集をやれば、資格取得達成はOKです。
 

詳しくはこちら


 

実体験

 
私も実際に試験を受けてみて、Udemyの類似問題が結構出たな。。と思っています。
 

正直これだけでも十分に資格は取れるレベル、、ですが、実務で役に立つレベルか問われると、ほぼ役に立たないです。
 

ポイント

問題集を解いて正答率を上げても、実務では役に立たない。


 

AWS初心者
「じゃあどうしたら良いの?」

 

ってなると思いますが
 

実務で使えるレベルを目指すのであれば、問題集を解くだけではなく、各AWSサービスの概要や用途をおさえる必要があります。
 

この概要や用途をおさえるのに一番近道なのが「AWS サービス別資料」です。
 

AWSサービス別資料

 
AWS-BLACKBELT

 

AWSサービス別資料というのは「AWS Black Belt Online Seminar(通称:黒帯)」といわれる、Amazonが主催するオンラインセミナーの資料がアップされた保管庫です。内容は全て無料で確認出来ます。
 

セミナー動画をYoutubeで公開してくれてまして、、一度見てもらえれば分かりますが、正直このサービスは神レベルじゃないかと思うくらい分かりやすいです。
 

また、各サービスの冒頭で概要や用途を説明してくれてますので、AWSの英単語もすぐ理解出来るのと、AWSサービスのスペシャリスト軍団が説明していますので、信頼性も高いです。
 

詳しくはこちら


 

 勉強方法まとめ

Udemyの問題集を解く

分からない単語やサービスが出てくる


AWSサービス別資料を確認

実務で使えるスキルを習得しつつ、資格も取れる


 

AWSの資格取得でよくある質問

 
質問

 

次のあたりかなと。

・ 学習時間は?

・ 難易度は?

・ 資格は役に立つか?


 

学習時間は?

 
私の場合、色々と回り道したこともありまして、、
 

実績

トータル60時間程、学習していました。


 

だいたい毎日2時間程度、1ヶ月間くらいです。
 

ただ、このブログ記事に沿った勉強をしていれば、正直40時間もかからないかな、、っていうのが本音です。(かなり遠回りしてました。。)
 

難易度は?

AWS未経験者でも全然問題無いレベルです。


 
私がそうだった様に、、。ただ、パソコンを触れた経験が無かったり、クライアント/サーバの役割や概要を知らないと、少しハードルが高く感じます。
 

注意ポイント

クライアントとサーバの違いだけは理解しておこう。


 
なので、完全に素人の場合、まずはパソコンに触れてサーバ周りの学習をしてもいいのかなと思います。
 

後、いきなり問題集をやるのは、、って思う人もいるのは分かるので
 

UdemyではAWSやサーバに初めて触れる人向けに「無料」の動画コースもありますので、手始めにこちらで感触をつかんでみるのがオススメです。
» はじめてのAmazon Web Services
 

資格は役に立つか?

AWSサービスやクラウド系の仕事に就くのであれば、役に立ちます。

あなたが面接官だったとして、AWSの実務経験がほぼ同じで、資格が無い人とある人、どっちを獲るかです。
 
 
もちろん、人柄が非常に大事ですが、、ビジネスですのでそれだけで通用する程甘くないですね。。
 

資格を持っている=勉強している。ということにもなりますので、そういった面でも非常に有利です。
 
 
また、今はAWSに関係する仕事に就いていないとしても、将来的にインフラの大半はAWS化されていく事も大いにありますので、損する事は無いですよね。
 

資格の特典は?

AWSの資格を取得すると、4つの特典がついてきます。

  1.  AWSのTシャツ等のグッズが買えるようになる。
  2.  AWSの資格取得者のグループに参加出来る
  3.  AWSの資格試験を次回半額で受けられるクーポンゲット
  4.  AWSの模擬試験が1つ無料で受けられるクーポンゲット

 
3、4は次の資格を狙う際、かなりお得です、、実質半額セールみたいな感じですよね。

このセールの為に、試験を受ける人もいるのかもですね。
 

まとめ:AWSの資格取得に向けて学習しよう!

 
虹色の世界

 
 記事のポイントまとめ

・Udemyの問題集を利用してみる
・各AWSサービスの不明点はAWS サービス別資料を確認
・完全素人なら、まずは無料動画での学習がオススメ
・AWSの資格は就職や現場面接で役に立つ


 
こんな感じです。
 
また、プログラミングの完全素人なら、無料コースがオススメ。講師がついてオンラインで学べます。0円なので、試しに使ってみましょう。
» CodeCamp(無料体験)

-AWS

Copyright© JavaSkillHacks , 2021 All Rights Reserved.