Java資格

Javaでオススメの資格は「OCJ-P」です【実体験あり】

クラウドコンピュータ
Java初心者
Javaでオススメの資格はなんだろう。。」「Javaの資格は本当に必要なの?」「転職に有利?そもそも役に立つ?

上記悩みに答えます。

 執筆者

たけ
大手SI企業の現役Javaエンジニアです。Java Goldの資格を保有しており。大型プロジェクト(1000人規模)在籍中に、最優秀エンジニアとして表彰された実積があります。

本記事の内容

・Javaでオススメの資格を紹介

・Javaエンジニアとしての、稼げるキャリア設計方法

Javaでオススメの資格は「OCJ-P」です

結論からいうとJavaでオススメの資格は「OCJ-P」です。

OCJ-Pが良い理由

Javaのスキルが周りに認められ、面接に合格できた

現場面接で不合格となった話

具体的なお話をすると、以前、私が配属された開発プロジェクトが終盤を向かえ、同期と次のJava開発プロジェクトの面接を受けていました。

当時、同期は「OCJ-P」の資格を保有しており、現場のスキル評価は私の方が高い状況でしたが、面接の結果は私だけ不合格でした。

たけ
当時の記憶は忘れられません。。

その後、複数の現場面接を受けてもJavaスキルが評価されず、中々合格を頂けませんでしたが「OCJ-P」の資格取得後に「大手A社」の現場面接を受けた際、Javaをスキルを高評価して頂き、無事「合格」となりました。

「OCJ-P」だけで問題ないですか?

Java初心者
他にも資格があるけど、本当にそれだけでいいの?

そういった疑問もあると思いますが、「OCJ-P」だけでOKです。

なぜなら「OCJ-P」はJava言語の製作会社(旧:サン・マイクロシステムズ、現:Oracle)が提唱するベンダー資格なので、企業からの信頼性も高く、評価がされやすいからです。

繰り返しになりますが、上記理由からJavaの資格は「OCJ-P」だけでOKです。

たけ
プログラム言語の製作会社が作った資格なら安心だね!

「OCJ-P」の資格が無いとダメ?

Java初心者
資格無しでも、大丈夫かな?

結論からいうと、資格はなくてもOKです。なぜなら、資格が全ての評価を決める訳では無いからです。

実例として、私の友達は資格無しでも、大手企業の現場面接に受かっています。

友達の場合、学生時代に自己学習でJavaのフレームワーク(SpringやStruts)を用いたECサイトの開発をしており、そこでの成果が認められたからです。

なので、資格がなくても、下記スキルがあればOKです。

必要なJavaスキル

・Javaの高度な知識を保有している。
・Javaの成果(自身のポートフォリオ等)を企業に提出出来る実績がある。

特に自分のポートフォリオがあると、かなり強みになりますね。

Javaエンジニアとして、稼げるキャリア設計方法

パステルカラー

結論、知名度が全てです。なぜなら知名度が高いと、それだけで稼げます。

例えば、Javaエンジニアを下記のとおり比較して考えてみます。

比較

・Aさん:Java経験6年。中小企業に勤めている。
・Bさん:Java経験2年。有名な大手企業に在籍。

この場合、Bさんの方が収入は上がりやすく転職も有利です。

なぜなら、システム開発を発注する会社さんは、Javaプログラムの詳細を知らないので、ブランドや知名度で判断して、採用や発注をする傾向にあります。

この記事を見て頂いている読者さんも分かると思いますが、新しい家電製品を購入する時に、大手家電メーカーと地元の個人商店の場合、個人商店で購入される方は少ないのかなと思います。

知名度の高い会社に入る方法

方法はいくつかあります。例えば、下記のとおり。

参入方法

・方法①:面接をたくさん受ける
・方法②:SNSで積極的に発信する

それぞれを、順番に解説します。

 面接をたくさん受ける
私が現場で出会った人で、大手企業に高卒で就職されたエンジニアの人がいました。その方は当時プログラムすら書いた事が無い人でしたが、いくつもの会社に何度も面接/交渉をして内定を獲得していました。

内定獲得までのプロセス

  • 未経験者だけど面接に行く
  • 面接官にほぼ相手にされず、何社も落とされる
  • 入社する為に必要な知識を面接でおさえる
  • 3ヶ月程、プログラミングの独学を行う
  • 再面接にて努力が認められ、内定獲得

「下手な鉄砲も数撃てば当たる」ではないですが、1回の面接で大手企業から内定を貰うのと、100回面接を受けて全ての企業から内定が貰えないのはどちらが難しいかですね。

私もこれを教えてもらった側の人間ですが、要するに面接で熱意が伝われば、大手企業の内定獲得も可能です。

重要なのは、上記プロセスをPDCAで回して、自分の付加価値をあげていくことですね。

 SNSで積極的に発信するに関して
サイバーエージェントさんのツイートを見て下さい。

上記ツイートから、大手企業がSNSを活用して採用に繋げようとしているのが分かると思います。

ポイント

SNSから就職に繋がるチャンスはおおいにありそう。

また、私の後輩はSNS(twitter)で自分の成果をアップしつつ、積極的に発言しており、企業から仕事を受注しています。これだけでもSNSを有効活用しない手はないですよね。

 思い立ったら、今からでも行動
キャリア設計で具体例を踏まえて解説しましたが、結論からいうと「行動力」が大切です。

エンジニアの転職なら「レバテックキャリア」を使っておけばOK。
エンジニア専門の転職企業であり、エージェントが専属でついてくれます。非公開の求人も多くありオススメです。
» IT・Webエンジニアの転職ならレバテックキャリア

今回は以上です。

人気記事
Java書籍
Java入門にオススメの書籍2冊【現役エンジニアが厳選選択】

-Java資格

Copyright© JavaSkillHacks , 2020 All Rights Reserved.